誰も居ないはずの更衣室で芽生えた友情物語

中学の頃プールの時間に女子のパンツの匂い嗅ぎに行ったら親友ができた話
1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:S/6sl75T0
書いてく
3 マンチンパレード ◆qfYlY1QQBw ID:M2fJCx7q0
まさかこんな展開になるとはな
7 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:mF5GC93cp
感動した>>1
8 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:S/6sl75T0
中学生といえば性欲の化け物だけど、俺は当時そこらへんの厨房の何倍も性欲があったと思う。
中学2年の夏、俺は毎日妄想でシコることに嫌気がさして新たなオカズを探していた。
河原でエロ本探してみたり、親の目を盗んでパソコンで検索してみたり。
ただ、どれも今ひとつ。
イマイチなネタでイった後に訪れる虚しさと透き通った思考は俺を導いてはいけない結論に導いた。
 
ゆいちゃんのパンツの匂いを嗅ごう!
9 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:zkuRC7w+d
イイハナシダナー
11 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:w/f9vrE30
こら映画化だな
12 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:OgWGpY0vd
クソワロタンバリンシャンシャンカスタネットタンタンプップクプーシャンシャンブーチリリリリリンwwwwwwwww
13 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:xm8eousO0
全米が泣いた
14 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:S/6sl75T0
ゆいはクラスメイトで、大きな目とさらさらの髪、透き通るような肌の美少女で、俺は妄想でよくゆいを登場させ犯しまくっていた。
 
考えてからの行動は早かった。
俺はプールの授業がある日を見計らって、親に
「体調悪いから五時間目から行くよ~」
と言って遅刻の連絡をしてもらった。
 
狙うは4時間目のプールの授業。
更衣室はプールに併設されているが、授業の時間は誰もそこには近づかない。
俺はまだ見ぬゆいのパンツとその匂いを想像しながら時が来るのを待った。
15 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:3CXd9TYB0
なんか始まったぞ
18 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:S/6sl75T0
11時半ぐらいだったかな?午前だってのに日差しが厳しくて、今日プールに入ったら気持ちいいだろうなぁなんて、頭の隅で考えながら、俺は女子更衣室の前にいた。
 
女子更衣室は校舎の陰になっているからここまで来たら見つかるはずはほとんどないんだけど、俺はここに来て緊張していた。
見つかったらどうする?
いじめられるよな?
でもあと数メートル先にゆいがついさっきまで履いてたパンツがあるんだ。
なにかしら液体がついてるかもしれない。
ビビる心を必死に抑え、憤る下半身を頼りに、俺は更衣室に足を踏み入れた。
19 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NLMwP73p0
パンツが溶け始めてるから早く
21 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:jcB7PGfg0
23 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:S/6sl75T0
侵入はあっけない程うまく成功した。ゆいのパンツを見つけ出すのも。
俺はあらかじめ、ゆいの使っているプールバッグのデザインを把握していたから発見するのは一瞬だった。
俺は、触れた形跡が残らないように、ゆいのパンツを探すため少しずつ荷物を取り出した。
几帳面に折畳まられた、制服の下、縛られた小さなビニール袋を見つけた。
 
これだ!
俺は震える手を抑えながらビニール袋を開けて中を覗く。
 
そこには、可愛いらしいストライプの下着がセットになって入っていた。
22 以下、VIPがお送りします ID:1l5L5CnBF
ふう…
24 童帝 ◇hhHHHL0UE. ID:Bf56zV++a
さっき抜いたから純粋な気持ちで読んでる
28 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:S/6sl75T0
俺は歓喜に打ち震えながら、それでも冷静に音を立てないように、畳まれていたゆいのパンツを開いた。
ゆいのまんこが直接触れていたであろう、クロッチの部分に黄色いシミがついていて、俺は勃起を抑えられなかった。
恐る恐る、シミの部分に触れる。
 
驚くことに、そこはまだほんのりと湿っていた。
 
次の瞬間、俺は左手でゆいのパンツを顔に当てがい、右手で自分のチンコをしごいた。
 
ゆいの、ゆいの、おしっこ(当時、マン汁は全部おしっこだと思ってた)
俺は頭の中でそんな事を繰り返しながら、ゆいのパンツから薫酸っぱい匂いに包まれ、一瞬で射精した。
 
ズボンを履いたまま、いじっていたからパンツの中が気持ち悪くて、俺はすぐに冷静になった。
29 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:xQNh96bO0
これはアニメ化ルートだな
30 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:S/6sl75T0
俺は一刻も早く更衣室を出たくなった。
とりあえずズボンはそのままにして、ゆいの下着を戻す。
正直この作業が一番緊張したし、死にたくなった。
射精後の虚無感と冴える頭は、時に人を絶望させるらしい。
 
急いで片付けを終えた俺は女子更衣室を出た。
空はさっきより一層晴れ渡っているように見えた。
授業が終わるまではまだ時間があるから、とりあえずトイレに行ってズボンを洗おう。
そんな風に考えていた矢先のことだ。
 
校舎の陰に隠れるように、俺のいる更衣室の方へ向かってくる人影が見えた。
31 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:S/6sl75T0
俺はとっさに建物の陰に隠れた。
どうやらその向かってきた人物は男子生徒で、俺に気づいてはいないらしい。
男子更衣室と女子更衣室は併設されているから、きっと遅れて授業に参加するつもりなのだろう。
俺は彼が男子更衣室に入るまでそのまま陰でやり過ごすつもりで、じっとしていた。
彼がこちらに近づくたび、曖昧だった輪郭がはっきりとしていき、それが俺の大嫌いかイケメンバスケ野郎の山田(山田涼介に似てる、ゆいと付き合ってる噂がある)だと気づいた。
 
山田は荷物も持たず幾分緊張した様子で周囲を伺っていた。
 
まさか…
32 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:8seteX9B0
ゴクリ
34 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:jcB7PGfg0
ほう
38 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:S/6sl75T0
思った通りだった。
山田は決意を固めるように大きく深呼吸すると女子更衣室に入っていったのだ!
俺はおかしくてたまらなかった。
あのイケメンが、スクールカースト上位の野郎が、鼻の穴と股間を膨らませて女子のパンツを漁っている姿を想像したら笑いが止まらなかった。
 
俺は山田がパンツを漁ってる姿を発見したていにして、糾弾してやろうと、再び女子更衣室のドアを開けた。
 
 
そこには、ゆいのパンツを顔に当てがいチンコをさすっている山田がいた。
39 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:jcB7PGfg0
> パンツを漁ってる姿を発見したていにして
 
中学生脳で考えても共犯呼ばわりがいいところだろw
40 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:+Txu8Xwd0
ゆいのパンツに付いてるのは>>1の唾液ってこと?
44 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:S/6sl75T0
「なにやってるんだよ」
俺が声をかけると、山田は一瞬ビクッとした後、全てを諦めた悟った表情をして
「見つかっちゃったなぁ」
と言った。
俺はてっきり言い訳をするものだと思っていたから、山田があっさりと自分の罪を受け入れたことに驚いた。
むしろ自分と同じ行動をしている山田に好感さえ持ってしまっていた。
 
「先生に言うんだろ?いいよ、気持ち悪いもんな」
俺が黙っていると、山田は続けた。
俺はその問いには答えずこう返した。
「そのパンツ、酸っぱくていい匂いがするよな」
 
俺たちの友情はここから始まったんだ。
47 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:Nv+zm6PW0
>>44
いいやつだった
48 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:W2c/8E9C0
「そのパンツ、酸っぱくていい匂いがするよな」
ここまでの名言は中学生じゃ出せない
49 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
すぐにその場を離れた俺たちはその日の放課後、隣町のファミレスで集まり変態談義に花を咲かせていた。
 
山田はゆいとは付き合っていなかった。イケメンだけど女に対して口下手な山田はゆいの恋愛対象外だったそうだ。
 
側から見たら面白い光景だっただろう。見るからに陰キャラの男と、イケメンがエロ話で大いに盛り上がっているなんて。
 
俺たちはあっという間に仲良くなった。互いにエロ情報を提供し合うことで、性の知識も凄まじくなった。
 
こんな2人だ。あの計画が生まれたのも自然だったのかも知れない。
50 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:LxW4mF2x0
ワロタ
51 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:fRwnOzkK0
なんだなんだ
52 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:3//HxbLg0
こういう汚い青春の方が綺麗事の青春より爽やかw
53 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:Iq8DVDsL0
オラワクワクすっぞ
58 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
ある日いつものようにエロ話をしていると、山田は心底後悔してる様子でこういった。
「俺あの時イッてないんだよな~」
 
あの時とはもちろん、変態同士の友情が芽生えた日である。確かにあの時、山田は俺の登場によってオナニーを中断していた。
 
「だからもう一度忍び込もうと思う」
 
そういった山田の顔は決意に満ちていた。
俺たちの通う学校ではプールの授業は2年で終わりだ。今は9月。ゆいのパンツを嗅げるチャンスも、あと、僅か。
 
俺だって、再びゆいのパンツを嗅ぎながらオナニーしたかった。
 
だから、山田が女子全員のパンツを盗もう!と言い始めた時、俺は半ば呆れながらも協力を引き受けた。
 
 
 
この時、俺たちはまだ中2だったんだ。
だから、それが大きなリスクを伴う事に気づけなかったんだ。
61 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:r48JZJHJ0
>>1が持ち物検査でバレそうな時、山田が立ち上がって自分がやりましたと言うパターンかな
62 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
山田の計画は単純だった。
どちらかが学校を休み、プールの時間にクラスの女子全員のパンツを盗み、自宅に持ち帰る。
ブスのものも盗むのは、外部の犯行に見せかけるためだ。
 
残った片方は、学校で様子を伺い、計画が実行可能か携帯で連絡を行う。
 
見てわかる通り、実行犯がおかすリスクがかなり高い。
だから報酬で差別化を図った。クラスの女子でおかず足り得る女の子は10人。
そのうちゆいを含む8人の下着を実行犯。
残り2人(うち一人はゆいに次ぐ可愛い子)の下着を連絡犯でわける。
残り数名の価値のないブスの下着は可燃ゴミにするか、川に流すかして処分する。
 
そうした段取りだった。
 
山田の自宅は兄弟が多く下着を隠すのに困難なため、俺が実行犯となった。
64 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
計画当日はあいにくの曇り空だった。
授業が行われるか心配ではあったが、山田からの連絡によると、授業は当初の予定通り行われるようだった。
 
学校に到着。さすがに正門からは入れないのでプールに近い裏門の柵を越え中に入る。
 
目撃されないように身を屈めて進むと、あっという間に更衣室まで到着した。
プールからは残り僅かな水泳の時間を楽しむ同級生の声が聞こえていたが、俺はかまわず更衣室に入り、片っ端から女子の下着を見つけ出し、後でブスと可愛い子のものが混じらないように名前順で、持参したカバンに入れていった。
 
誤算だったのがこの作業にかかる時間が、想定したよりも長くかかってしまったことだ。
ある程度は覚悟していたことだが、この作業に10分はかかっていた。
 
そして、俺は作業を早く終わらせることに集中しようとするあまり、気づかなかったんだ。
 
こちらに向かってくる人の気配に。
66 【B:70 W:91 H:103 (A cup)】 ID:e0RejzZR0
はよ
71 【B:78 W:50 H:116 (A cup)】 ID:PH6+0uZA0
72 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
ドン、ドン、と強く更衣室のドアが叩かれたのは、残す下着もあと3つとなったところだった。
「誰かいるのか?」
 
学年主任の野太い声が、狭い更衣室に響き渡る。
 
目撃されていた!?
 
俺はとっさに残る3つのパンツ(ゆい、とクラスでも3番人気のまりなと、ようわからんブス)をジャージのポケットに突っ込み、カバンを持ち、逃げる準備を固める。
 
ここで捕まるのは確実にまずい。
俺の中学生活が終わる。
俺は息を潜め、学年主任が諦めるのを待った。
 
しかし、俺の希望的観測はやはり叶わなかった。
 
「いないならドアを開けるぞ」
76 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
ガチャ、とドアが開けられる直前、俺はとっさの判断で窓を開けて外へ飛び出した。
だが窓の錠にカバンが引っかかる。俺はほんの一瞬、カバンをとろうともがいたが、学年主任の
 
「おい!!」
 
という声でカバンを放棄し、塀を乗り越え外へ逃げ出した。
 
学年主任は追ってこなかった。
家へ逃げ帰った俺は、ことの顛末を山田にメールした。
 
山田からは「騒ぎにはなっていたけど、顔は見られてないみたいだから大丈夫」と返信が来た。
 
安心した俺は、ゆいとまりなとブスの下着を自室の机の裏に隠し、翌日も大事をとって欠席した。
81 【B:83 W:105 H:112 (C cup)】 ID:e0RejzZR0
はわ
82 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:j6//wh9O0
学年主任何故女子更衣室に
もしや…
85 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
欠席空けのことだった。
教室に行くと、クラスの様子が変だった。
どいつもこいつも山田を遠巻きに見て、ひそひそと話しをしている。
 
 
山田自身も、休み時間になっても机に突っ伏して寝たふりをしている。
おかしい、普段はバスケ部の仲間とつるんでいるはずなのに(俺と山田はグループが違うから学校ではあまりつるまない)
 
俺が山田がどうしたのか気にしていると、クラスメイトの永沢(ネガティヴキョロ野郎、ちびまる子に出てくる永沢に似てる)が話しかけてきた。
 
「お前が休みの間にうちの学校に下着泥棒が入ってきたんだぜ?」
 
そいつは逃げたが、そいつが残したカバンがどうやら山田のものらしい。
山田は、自分のじゃない、と言っているが、何人かから山田のものであるという目撃証言があがり、山田は学年主任に呼ばれたのだそうだ。
山田はもちろん否定した。
だが、これはどこの世界でもそうだが、疑惑がかかった時点でその人物は犯人扱いされてしまう。
山田は実行犯の共犯扱いされてしまっていたのだ。
 
「山田の共犯、あの日休んでた中にいるんだろうけどお前、違うよな?ww」
 
永沢は醜い顔をさらに歪めて低い声で笑った。
86 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
俺は永沢を適当にあしらうと、山田のことを考えた。
 
山田は自分が疑われてることをメールしてこなかった。
それはなぜか。
俺に心配をかけたくなかったからだ。
事件当日は偶然にも風邪が流行っていて男子だけでも4人欠席がいたから、俺が犯人だとバレる心配はない。
 
このまま黙っていれば、そのうち有耶無耶になるだろう。
 
でも山田は違う。山田のカバンが使われたことがそのまま、山田が犯人だという証拠にされてしまっている。
 
なんとかできないだろうか。
 
俺は机に突っ伏したままの山田を見てそう思った。
87 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
ふだん学校であまり話さない俺たちが教室で話したりしていたら共犯だと思われかねない。
 
だから俺は放課後になるとすぐに家に帰り、山田にメールを打った。
 
「なんで疑われてること教えてくれなかった?」
 
俺が送る。
 
「お前、心配するだろ? 」
 
山田から返事が来る。
思った通りだった。
こいつはここに来て俺の心配をかけないように気を使ってやがる。
 
「みんなすぐ忘れんだろ笑」
 
山田はおどけた調子で書いてきた。
俺もそれに乗っかる。
 
だが、俺も山田もわかっていた。
悪い噂というのはいくらでも広まっていく。
ひょっとしたらもう取り返しがつかないかもしれない。
 
なにせ、イケメンの山田だ。妬み嫉みは買いやすい。
この機会に蹴落とそうとしてくる人間だって大勢いるはずだ。
 
だが俺も山田も「みんなすぐに忘れる」という希望的観測にすがるしかなかった。
 
 
もちろん、それはまたすぐに裏切られるのだが。
88 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:E7cr45Hp0
永沢に山田って・・・
もうちょっとしたら藤木やら小杉も出てくるか?
91 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
週明け月曜日。
どんよりとした空が不安を掻き立てるような朝だった。
こういう日は大抵嫌なことが起きる。
 
この日もそうだった。
 
朝教室へ行くと、山田の机の上に花瓶が置いてあった。
俺は思わず苦笑してしまった。
こんな漫画みたいなこと今時するのかと。
 
さすがにこれを見たらいくら山田でもショックを受けるだろう。
俺は山田が教室へ来る前に花瓶をどかす。
そして発見してしまう。
花瓶に隠れるように机に書かれた「下着ドロボウ」の文字を。
 
山田に向けられた文字。
山田に向けられた敵意。
でもそれは俺に向けられたものでもあった。
 
俺はその文字を消しゴムで綺麗に消すと机に突っ伏し寝たふりをした。
 
何人かが俺を見てヒソヒソと話しているのが聞こえた。
93 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
山田はその週の終わりから学校へ来なくなった。
俺が送ったメールにも返事を返さなくなった。
 
山田が感じた敵意や悪意は俺が感じたものの何倍もあったんだろう。
 
俺は自分が平穏無事に毎日を過ごしていることに腹が立った。
元はといえば俺のミスだ。
なんで山田ばかりが責められなくてはいけないんだ。
 
山田が学校に来なくなって数日。
俺は山田のことばかり考えていた。
 
殺される覚悟で兄貴のAVを無断で貸してくれたこと。
好きなAVのジャンルについて朝まで語り明かした日のこと。
俺のバカ話を笑って聞いてくれた山田の表情。
そして一緒に下着を盗もうと約束した日のこと。
 
俺は山田をどうすれば救えるか考えた。
 
 
そして、一つの結論を導き出した。
97 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
山田が学校を休み始めて10日目の朝。
俺は職員室の前に立っていた。
 
深呼吸をし、ノック。学年主任を呼ぶ。
突然の陰キャラの訪問に学年主任は怪訝な顔つきで何の用だと聞いてくる。
 
俺は答える。
 
「すみません!この前女子更衣室から下着を盗んだのは俺なんです!」
 
学年主任が驚いた顔で俺を見た。脇で何事かと話を聞いていた教師たちも。
 
学年主任は俺を空き教室に連れて行き、詳しい事情の説明を求めた。
 
あまりの威圧感に吐き気を覚えながら、前日の夜から練っていた言い訳を話す。
 
「興味本位でやってしまいました。以前遊んだときに、山田くんが忘れていったカバンをたまたま使ったら、山田くんが犯人扱いされてしまったので申し訳なくなり自首しに来ました。ゆいとブスとまりなの下着は怖くなって捨てました、
本当に申し訳ありません」
 
俺は泣くふりをしながら話そうと思っていたが、怖すぎて申し訳なくなってマジ泣きしていた。
 
あまりにも俺がビビっていたことと、自らの自首しに来たことから学年主任は2発ぶん殴るだけで済ましてくれた。
親への連絡は当然のごとくされたけれど。
100 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
親はかなりブチ切れていた。
 
ゆいとブスとまりなの家に母親とともに謝罪にいかされた時は死にたくなった。
 
ゆいは俺をゴミを見るような目で見ていた。
 
ブスはしきりに「こわ~い」と泣いていた。殺したくなった。
 
まりなは早く帰れよ、と顔に出していた。
 
俺はだいぶ凹んだとともに安心してもいた。
疑いは晴れた。
これで山田は大丈夫だ。
学校にも来れるだろう。
俺は学校へ行きづらいけど、平気だ。
悪いのは俺なんだから。
 
家に帰ると、俺は山田にメールした。
「もう大丈夫だから安心して学校へ来い。」
 
 
だが、いつまでたっても返事は来なかった。
102 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:E7cr45Hp0
山田死んだな
105 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
俺はバカだった。
でも山田はそれ以上にバカだった。
 
俺が自首した翌日、久々に学校に顔を出した山田は、自分だけ助かるのはフェアじゃないと、学年主任に自首したのだ。(クラス内でメールで俺が真犯人だと回っていたらしい)
 
俺は再び学年主任に呼ばれ、嘘をついていたことで3発ブン殴られた。
 
山田は隣ですっきりした顔で俺がブン殴られるのを見て笑っていたから4発ブン殴られた。
 
俺はそれを見て笑った。
なんだかすごく久しぶりに楽しい気持ちだった。
 
反省文を数枚提出し、山田も山田で
ゆいとまりなとブスに謝りに行った。
 
山田はゆいのゴミを見るような目で、なにかに目覚めたと言っていた。
アホや。
109 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:fUYgk5Kkd
エピローグはよ
110 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
山田はその後親にボコボコにされ、もう今の学校には通いづらいだろうと、転校することが決まった。
遠い親戚のおじさんのうちに居候させてもらって、その近くの中学に通うそうだ。
 
俺も俺で自宅から学区の違う中学に転校する予定だった。
 
まあしょうがない。全て俺たちが悪いのだ。
 
俺たちは親から会うのを禁止されていたが、山田が引っ越すその日までほとんど毎日を遊んで過ごした。
113 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:fUYgk5Kkd
へいへいへいへい
115 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
10月半ば。晴れ。
山田が引っ越す日。
 
あらかじめ荷物は送ってあるので、あとは山田自身が行くだけだ。
 
俺はこの日ばかりは親公認で休みを取り、山田をターミナル駅まで見送りに行った。
 
俺たちは駅のホームで最後までバカ話をした。
 
「俺たちってほんとどうしようもねー変態だな」
 
山田が言う。
 
「下着盗んで人生崩壊とはね 笑えないよ」
 
俺は笑っていう。
 
「なあ…お前ゆいの下着、本当に捨てたのか?」
 
「捨てたよ。オカズにもしずらくてな」
 
「そうか 残念だわ」
 
「お前こりねーなー」
 
俺たちはバカみたいに笑いあった。
119 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
山田が乗る新幹線が来た。
 
「それじゃ『またな』」
 
山田が言う。
 
「おう『またな』」
 
俺は返す。
そして小包を渡す。
 
「これ、選別だ。新幹線が発車したら開いてくれ」
 
「おう、ありがとな。なにこれ?」
 
「それはお楽しみだ」
 
発車時刻が迫り、山田は新幹線に乗り込む。
 
新幹線はすぐに発車した。
 
俺は小さくなっていく新幹線を見送った。
 
新幹線が完全に見えなくなったところで俺は山田にメールを打つ。
 
 
 
 
「そのパンツ、酸っぱくていい匂いがするよな」
122 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:hotIOBTJp
イイハナシダナー
125 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:LAIB8bVQ0
感動した
126 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:aLSh/pn80
濡れた
129 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:C20AGpold
これが甘酸っぱい青春物語か・・・
132 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:7SxsEIOd0
131 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:TQz8YgASd
夏の爽やかさと秘密の共有によるワクワク、そして熱い友情が込められたいい話だった
136 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:26vKtuZv0
こんなカッコいい中学生いてたまるか
139 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:NAtWayyn0
終わりです。
 
規制くらってたので先におーぷんvipにも書き込みしてありますが、スレ立てした本人によるものなのでお許しください。
137 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:mS6rtDTl0
全米が泣いた
142 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:FSueN/z60
いい話だったよ
121 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:H7Cx3BR30
なにカッコよくまとめてんだよwwwww
138 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:A8ldnbR/0
こんなん濡れるわ
147 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:yG69ke2K0
オチが面白くてワロタ
153 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:S1o3ZzQW0
ひさびさにまともなSS見たわ
154 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:/RMLQUGv0
ちゃんと伏線回収しててワロタ
160 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:UTdeLfsja
俺以外にもこんなことする奴がいるなんてなんか嬉しい
165 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:Qc//3l7cK
これが刎頸の友ってヤツか
159 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:v7p1McEZ0
なんでだろう
最低な話なのにめちゃくちゃいい話なような気がしてきた

Posted by ShowerHead